なぜ情報システム部はきらわれるのか

○そもそも情報システム部とはどういう部署か

これも、いろいろと立場や役割の違う情報システム部が存在すると思われるが、一般的にはシステムを本業としない企業のなかで、社内のシステムを運用・保守している部署である。ある程度大きな企業の中では、部署として独立しているが、中小規模の企業ではすこしコンピュータに詳しい人が、暗黙的な担当者になっている場合もある。グループに所属している企業などでは、同じグループのシステム専門会社に任せている場合もあるだろう。どちらにしろ、情報システム部がシステム基盤(パソコンやネットワーク、サーバ)と全社共通システム(ポータル、メール、基幹システム)のおもりをしている事には間違いない。では、新しい業務領域のシステム化は誰が進めているのだろうか。実のところ、ここに情報システム部が積極的に関与しているところをあまり見たことがない。決めるのは経営者と現業部署で、現業部門が開発まで担って情報システム部がインフラを準備する。もしくは、開発から先を情報システム部が担当するかのどち らかだ。開発から先を担当すると言っても、実際に開発するのはシステム会社のため、情報システム部の役割は契約やシステム会社と現業部署間との調整、インフラの準備が主な仕事となる。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。